google-site-verification=LJ4hKif1lj4o5KsMJpy53Hl-Nc_t9TMUEXGov37ghXE ゴーヤチャンプルーのレシピ!子供も食べれる苦味の取り方も紹介! | シューの足あと
↑ロゴクリックでトップページへGO↑

ゴーヤチャンプルーのレシピ!子供も食べれる苦味の取り方も紹介!

沖縄の代表料理、ゴーヤチャンプルー!

ゴーヤって苦いイメージがあるので、敬遠している方もいるのではないでしょうか

私も以前お店でゴーヤチャンプルーを食べたとき、苦味が強すぎて頑張って食べた思い出があります(^_^;)

ゴーヤチャンプルーについては好きずきで、苦いのが良いんだ!って方もいるため、お店で食べると苦味が強いことが多い気がします

苦味が苦手な方は、ゴーヤの下処理をキチンとすることで、ほどよい苦味がクセになる激ウマチャンプルーが自分で作れちゃいます

ゴーヤの下処理次第では、苦味がほぼ無いものも作れるので、お子さんでも美味しく食べられますよ

※このページでは、ゴーヤチャンプルーに適した苦味の抜き方を紹介しています。添え物などにする場合の下処理はこちら↓

リンク工事中

ゴーヤの苦味について

ゴーヤを切ってみると、中に白いワタがありますよね

「ゴーヤは中の白いワタが苦いのでしっかり取り除く」って書いてある記事をよく目にしますが、

これは間違っています

実は、苦味が最も多く含まれているのは緑の部分で、白いワタの部分には苦味がほぼありません

生でワタを食べても、苦味をほぼ感じないくらいです

ワタを取り除く理由は、見た目がよくないから!

ちなみにワタにも栄養があるので、ゴリゴリしっかりワタを取り除かなくても、ワタの底を軽く撫でるように取るだけで充分です

また、カットする際にゴーヤを薄く切れば切るほど苦味が抜けやすくなりますし、炒めればさらに苦味が抜けます

ゴーヤチャンプルーのレシピ

材料

・ゴーヤ

・塩

・砂糖

・木綿豆腐

・豚バラ

・ブラックペッパー

・卵

・サラダ油

・ゴマ油

下処理

ゴーヤの下処理

① ゴーヤを軽く洗ったら、両端を切り落として縦半分に切ります

② スプーンで白いワタを軽く取り除き、5mmくらいの厚さにカットします

あまり薄すぎても美味しくないので、個人的には5mmがオススメの厚さです

③ カットしたゴーヤをボウル(ザル受けしたほうが水切りが簡単です)に移し、塩1 : 砂糖2 の割合(小さじ1 : 2くらい)でゴーヤを揉み込み、10分ほど放置します

塩もみが代表的なやり方ですが、砂糖をプラスすることで苦味をより抜くことができます

④ 10分ほどで水分が出てくるので、出てきた水を捨てたら下処理完了です

豆腐の下処理

ゴーヤチャンプルーは、豆腐をしっかり炒めて作るため、崩れにくい木綿豆腐がオススメです

木綿豆腐をキッチンペーパー、もしくは柔らかい布でくるみ、重し(お皿など)をして60分ほど水切りをします

豚バラの下処理

豚バラを一口大にカットし、塩胡椒とブラックペッパーを振っておきます

作り方

下処理が完了したら、炒めていきましょう

① 温めたフライパンにサラダ油をひき、豚バラを炒めます

② お肉に火が通ったら、豚バラを一旦取り出し、水切りした豆腐を手で一口大にちぎって入れて、豆腐がきつね色になるまで炒めます

③ 豆腐をきつね色になったら、先ほど炒めておいた豚バラと下処理したゴーヤを入れて、ゴマ油をかけてさらに炒めます

④ ゴーヤが温まったら、溶き卵を入れて、20秒くらい放置!

⑤ 卵がある程度塊になるよう、あまり混ぜすぎないように炒めて、卵が固まったら醤油を2回りほどかけて、混ぜたら完成です

最後に醤油を入れることで、香ばしく仕上がります

読んでくれてありがとう!
この記事を書いた人

料理やDIYが好き。食べるの大好き。アルコールはもっと好き。歌ってストレス発散してます。やりたいことがありすぎて、時間が足りないのが現在の悩み(u_u)

シューをフォローする
レシピ 料理
シューをフォローする
シューの足あと

コメントはこちら ♪( ´θ`)ノ

タイトルとURLをコピーしました