google-site-verification=LJ4hKif1lj4o5KsMJpy53Hl-Nc_t9TMUEXGov37ghXE サンドイッチの基本レシピ3つ | シューの足あと
↑ロゴクリックでトップページへGO↑

サンドイッチの基本レシピ3つ

今回は、

切って重ねるだけの「ハムチーズレタス」

切って混ぜるだけの「ツナサンド」

サンドイッチの代表格「たまごサンド」

以上3種類、どれも超基本的なサンドイッチのレシピをご紹介します。

子供も大好きですし、お弁当にしてもいいし、作り置きしておけば軽食としても最適ですよ☆

2日くらいは全然日持ちしますしね♪

ハムチーズレタス

レタスのシャキシャキ感とチーズのまろやかさがたまらないハムチーズレタスです♪

レシピ

  • 食パン(12枚切り)
    マーガリン
    ハム
    レタス
    チーズ

作り方

① レタス2~3枚を水洗いして、しっかりと水切りしておきます。

さらにキッチンペーパーでくるんでおけば、水気が完璧にとれます。

② 食パンにマーガリンを塗っておきます。

2枚の内1枚だけに塗っておくくらいがちょうどいいです。

2枚とも塗ってしまうと、ちょっとむつこくなっちゃうんですよね。(´ω`)

③ ハム2枚を1/2にカットして、↑↓写真のように食パンの上にのせます。

ハムを1枚で節約する場合には、1/4にカットして↓写真のように4隅にのせます。

こうすることで、どこを食べても具があるように食べることができます。

④ 水切りしたレタス2~3枚を食パンの大きさにちぎってのせます。

レタスがはみ出るようなら、中に折り込んでおきましょう。

シャキシャキ感をもっと楽しみたい方には、レタス3〜4枚がオススメです♪

⑤ スライスチーズをのせ、もう一枚の食パンではさみます。

ツナサンド

シンプルなのに、なぜか食が止まらないツナサンド♪

レシピ

  • 食パン(12枚切り)
    マーガリン
    玉ねぎ
    ツナ缶
    マヨネーズ

作り方

① 食パンにマーガリンを塗っておきます。

② 玉ねぎをみじん切りにして、10分ほど水に浸けておきます。(辛味抜き)

③ ツナ缶をオイル切りして、缶に残ったオイルはとっておきます。

④ 玉ねぎを水切りし、ツナとマヨネーズと一緒に混ぜます。

この時、とっておいたオイルを加えて硬さを調節して下さい。

オイルに旨味がたくさん詰まっているので、私はベチャっとするまで入れるのが好きです^ – ^

⑤ あとは食パンの上にのせて、もう一枚の食パンではさみます。

この時に中央だけ具を盛ると、具沢山なサンドイッチになりますよ♪

たまごサンド

タルタル風も、ふわふわたまごも、みんな大好きたまごサンド♪

レシピ

  • 食パン(12枚切り)
    マーガリン
    ※玉ねぎ
    ゆでたまご
    マヨネーズ
    塩胡椒
    砂糖

※たまごサンドの具には玉ねぎを入れないのが一般的ですが、私はそのほうが好きなのでタルタル風玉ねぎinレシピとなっています。

よりフワフワなたまごサンドにしたい方は、玉ねぎを入れずに作ってみて下さい。

なお、玉ねぎを入れることで時間が経つとベチャっとしてくるので、玉ねぎinの場合は早めに召し上がって下さいね。

↓ゆでたまごの作り方はこちら

美味しいゆで卵の作り方

作り方

① 食パンにマーガリンを塗っておきます。

② ※玉ねぎをみじん切りにして、10分ほど水に浸けておきます。(辛味抜き)

③ ゆでたまごを黄身と白身に分け、白身は粗みじん切りにし、黄身だけをマヨネーズ・塩胡椒・砂糖とよく混ぜて、卵ソースを作ります。

黄身だけで卵ソースを作っておくことで味が全体によく馴染みますし、白身だけをみじん切りにするのでまな板が汚れません。↓白身だけ

私はマヨネーズたっぷりで、砂糖を多めに入れて甘めに作る派です。

※ゆでたまごは半熟にせず、しっかりと火を通して黄身を固めたものを使って下さい。

④ ※玉ねぎを水切りし、粗みじん切りにしておいた白身と一緒に卵ソースとからめます。

⑤ あとは食パンの上にのせて、もう一枚の食パンではさみます。

ツナサンドの説明と同じになりますが、中央だけ具を盛ると具沢山なサンドイッチになりますよ♪

ワンポイント

① ※サンドイッチをどうせ作るなら、ツナサンドとたまごサンドはセットで作ってしまいましょう。

どちらも玉ねぎを使うので、一緒に作れば玉ねぎのみじん切りが余らないし、ササっと2品できちゃうので。

② 作ったサンドイッチを積み重ねて5分ほど置いておけば、パンと具が馴染むので切るとき・食べるときに崩れにくくなります。

③ 作り置きやお弁当などにする場合は、ラップやアルミホイルで包んでおきましょう。

乾燥を防ぎ、日持ちしますよ♪

④ 1つ1つのサンドイッチを小分けにせず、

「パン・具・パン・具・パン」

って感じでサンドすれば「ツナたまごパン」など、組み合わせ自由に楽しむこともできますよね♪

読んでくれてありがとう!
この記事を書いた人

料理やDIYが好き。食べるの大好き。アルコールはもっと好き。歌ってストレス発散してます。やりたいことがありすぎて、時間が足りないのが現在の悩み(u_u)

シューをフォローする
レシピ 料理 簡単
シューをフォローする
シューの足あと

コメントはこちら ♪( ´θ`)ノ

タイトルとURLをコピーしました